オナホ売りOLの平日

大人のおもちゃメーカーで働くOLのブログ。

キモくなれないおじさんに未来はない

日経新聞を読んでいたらこんなニュースを見つけました。 

www.nikkei.com

経済産業省は大都市で働く大企業の中堅社員を念頭に、地方の中小企業への転職を後押しする取り組みを始める。地方の大学で研究員として学び直しをしつつ、地元企業と関係を持ちながら相性が合えば転職できるようにする。

 

信州大学みずほ情報総研などと組み、10人程度の客員研究員を募集する予定だと記事では紹介していました。地方を活性化するための取り組みのひとつに見えますが、大企業の中堅社員に限定しているところが少し特長的なところかなと思いました。大企業という安定した場所にいる中年に環境の変化や新しい学びを与えようとする風潮があるのかもしれない。若者に学びとかではないのですよね。

 

◆大企業かベンチャー企業

ニュースサイト「Newspicks」の最高コンテンツ責任者、佐々木紀彦さんは大企業に勤めるビジネスマンと新興企業に勤めるビジネスマンをアメリカの東海岸・西海岸に例えて話しています。

「渋谷はホリエモンが好きで、丸の内は新浪剛史が好き」NewsPicks編集長・佐々木紀彦が語った。2016年メディアはバイカルチャーになるべきだ | みんなのスタンバイ

 

千代田区あたりが境目じゃないかなと思っていまして、西海岸は渋谷や六本木といった、IT・スタートアップが強いエリアです。一方の東海岸は、丸の内や霞が関エスタブリッシュメントな人たちがいるエリアです。この2つの文化が予想以上に違っているのを、東海岸のメッカみたいな東洋経済からに西海岸へ移ってきて痛感しました。

 

「2つの文化がどんなふうに違うのか、典型例を挙げてみましょう。」

東海岸

新浪剛史が好き

・仕事着はスーツ

・大企業で出世に関心がある

・PCはWindows

西海岸

ホリエモンが好き

・仕事着はTシャツ

・起業に関心がある

・PCはMac

「東京が西海岸と東海岸で分断している限り、日本のビジネス界は面白くならないなと強く感じるわけです。私たちはいま西に強くて東に弱いんですが、東に進出することによって二者間のバイカルチャーになっていく。特にフォワードといいますか、各エリアで攻めている人たちをどんどん繋げていきたいと思っています。」

 

「攻めの人たちを繋げることで、それぞれのイノベーションが東にも西にも還流して大きくなる。そういった触媒になることが、NewsPicksのメディアとしての役割なんじゃないかと思っています。そういう意味でも、来年NewsPicksでは東海岸の方にも読んでいただけるようなコンテンツを増やしていきますし、マーケティング戦略においても東海岸の方々にどうリーチできるかを注力していきたいです。」

 

佐々木さんが「東海岸の方にも読んでいただけるようなコンテンツを増やしていきます」と言っている点でも分かるように、NewsPicksは西海岸の人中心に読まれているメディアです。東海岸の人にも、イノベーションを起こしたいという意図が私は読み取れます。

 

NewsPicksが解決できるのか

だけど、わたしは現状ままで、NewsPicksがイノベーションを起こすことができるかは疑問があります。わたしの主観ですが、NewsPicksは「保守的な価値観」を卑下しているように見えるときがある。でも、特定の人や価値観を悪く言い、メディアが変化を押し付けることが、世の中を変えられるようには思えない。

以前、実業家のはやかわ五味さんが、NewsPicksに校正チェックなく、自身のインタビューを掲載されたと話したことが話題になりました。

togetter.com

 

「おじさん目線いらないとは一言もいってない」とはやかわさんはTwitterで話していました。既存の価値観を“おじさん”とし、悪く言う意図があるように見えました。

わたしの主観ですが、既存の価値観を見下しているように見える記事が、ほかにも紹介されている。以下はNewsPicks編集部が書いたものではないですが、NewsPicksで配信されていたニュースです。

newspicks.com

 

News Picksなどでいかにも切れ者ふうに、時にやや地に足がついていないようなコメントをしているのが意識高い系だとすると、ヤフコメで大暴れする親父、ヤフコメおじさんは意識低い系の代表だ。意識高い系も痛いが、意識低い系も問題だ。

 

結論から言うと「メディアリテラシーを身に着けよう」「具体的に考え、表現することにこだわろう」「人生を充実させよう」この3つに尽きる。要するに普段の生活習慣がモノを言う。

 メディアリテラシーについてだが、特にYahoo!ニュースに載った記事の配信元がどこなのか、誰が書いたのかを確認しよう。関連する他の記事と読み比べるとより良いだろう。

 ヤフコメおじさんの残念なことは、ひたすら感情論で書き散らかすことだ。ヤフコメ欄での賛同を狙うために、ウケをねらった表現はうまいのだが。

  

コラムの内容は、引用元をしらべて、よく考えて、ネット上のコメントを書きましょうという、同意できる意見なのですが、「意識低い系おじさん」「ヤフコメおじさん」という書き方に私は違和感を覚えた。ラべリングして悪者を作っているように見えました。

この記事では、「News Picksなどでいかにも切れ者ふうに、時にやや地に足がついていないようなコメントをしているのが意識高い系」と話しているけど、このコラムの言葉借りるなら、「意識低い系おじさん」を馬鹿にする「意識高い系おじさん」ように見えます。どちらにもわたしは共感できなかった。

 

◆見習うべきはホリエモンの「キモさ」

前述で、西海岸の人の特色として、「ホリエモンが好き」と上がっていました。堀江さんは既存概念を無視し、自由で、好きなことをやっているように映りますが、わたしは堀江貴文さんの一番の魅力は「オタクであること」だと思っています。堀江さんの著書『すべての教育は「洗脳」である~21世紀の脱・学校論~ (光文社新書)』でなにかに没頭することの重要性を話しています。

 

自分で行き先を決め、アクセルを踏む生き方のためには、「学び」が不可欠だ。僕がこう言ったら、意外に思われるだろうか。学校を不要だと言い切り、学校教育のあり方を否定し続けている人間が突然何を言うのか、と驚かれるかもしれない。ただし、はじめに一つ確認しておきたいことがある。「学び」という言葉の定義についてである。僕が言う「学び」とは、没頭のことだ。

脇目もふらずに没頭し、がむしゃらに取り組める体験のすべてが「学び」だと僕は思っている。だから、没頭する対象は数学や英語、料理だろうと、ダンスだろうと何でもあり得る。すなわち、その人が心から没頭できていれば、対象は何であれ、僕はそれを「学び」ととらえる。「学び」と聞いたとき、多くの人は、いわゆる「お勉強」を想像するだろう。それはつまり、学校教育に準じたものということでもある。たとえば、数学や物理といったおなじみの科目や、散々暗記させられた公式、年号の数々。映像として浮かぶのは、教卓や黒板、教科書、ノートなど、「お勉強」に必要な小道具たちだ。こうした「お勉強」と「学び」とを、僕は明確に違うものとしてとらえている。

 

先日、NewsPicks で配信された記事で、SHOW ROOM社長の前田さんは堀江さんのなにかに没頭する姿勢を評価しています(とても面白い記事でした)。

newspicks.com

たとえば、堀江さん。彼が和牛やロケットについてひとたび熱くしゃべりはじめたら、もう止まりません。こちらが羽交締めにして止めても、彼の口は止まらないでしょう(笑)。ひとつのことにそれだけの熱量を注ぎ込める人が、多くの人の共感を集め、お金も集める時代になる。

 

ブロガーの三沢文也さんは本気でビジネスをしたい女性に対して、まわりの男性に恋愛対象として見られず同僚として接してもらうために、専門分野にストイックに取り組み「キモくなろう」と語っている。

tm2501.com

 

 最近、千葉雅也さんという若手の哲学者が「勉強の哲学」という本を出した。その千葉さんが自身のツイートで紹介するほどよくできた要約をなんと僕の友人がつぶやいている。

  

「勉強の哲学」自分なりに要約すると、

・勉強するとキモオタ的になるが、これは言葉のアップデートに不可欠

・その上でキモさを削るには喋りがキモくなる原因を知る必要がある

・「別の」勉強を続けることで「ある」キモさは軽減される

って感じなので、どう考えてもオタクが読むべき。

 

これはお仕事をしててもそう。仕事に対してストイックになればなるほど、女らしさとは程遠い図太くて、ブスで、論理的になる。

 

そういうキモさは、女性としての金融商品的な価値とは対極にあるかもしれないけど…対極だからこそ、「プロの女」であることを求めて近寄ってくる人は激減するでしょう。

それでも「プロの女」として扱ってくれるなら、その人はむしろ論理的で、図太くてストイックな女性が好みということになるが…その場合は「誰でもいい」ってわけではないと思うから、良しとしてもいいと思うけどね…。

 

たぶん、これはおじさんにも当てはまっていて、下心ではなく、純粋に敬意をもって接してもらうためには、好きな物を見つけてキモくなるのがよいよなと思う。

逆にキモくいられる環境であるならば、あとはなんでもいい。背広を着る服装指定があっても、出社時間が決まっていても、ヤフコメにキモい事書いていても、おじさん目線でもなんでもいい。キモくなにを極められればあとはなんでもいい。自分の好きなものを見つけて夢中にキモくなれるおじさんは素敵です。なにかにキモくなれないおじさんに未来はない。

可愛いだけが、女の子の価値じゃない

 たぶん、イベントか、なにかだったと思うけど、お客さんと女優さんの話をしたとき「でも、あなたの方がかわいいよ」って言われたことあるんです。気を使って、わたしが喜ぶと思っておべっかを言ったんだと思うんです。でも、わたしは喜べなくて、腑に落ちないような、ゴワゴワした気持ちなった。

◆私より可愛くないAV女優なんていない

少なくとも、私の売っている商品に、私より可愛くない人なんて一人もでていないと思っています。というよりも、「私の方が可愛い」と言える程度の女の子がでている商品、わたしは売りたくない。エロくて、綺麗な子を商品として撮影したものを、私は売っていると思っています。だって、彼女たちは「可愛い」や「綺麗」といった女性性を売るプロで、彼女たちの女性性には商品価値がある。だから、「あなたの方がかわいいよ」って言葉は、私の会社のキャスティング能力や女優を選ぶセンスを卑下しいるように感じて腑に落ちなかったように思う。

 

◆アピールポイントはひとつじゃない

雨宮処凛さんは、サブカルの1ジャンルとしてのエロが、サブカル好きな人から、判断力を奪っていくと書いています。

maga9.jp

 

「ああいうの観てたから、普通のセックスじゃダメだと思ってた。変態じゃないといけないと思ってた」

 ああ、わかる…と遠い目になった。別に変態にならなきゃとは思ってなかったけど、とにかく自分には価値がないと思ってた。それは当時のAVでは女優があらゆる「変態」と言われる行為に応じていて、「こんだけ可愛い子でも脱いでただセックスするだけじゃ商品価値がないんだから、お前らなんて徹底的に無価値なんだからな!」と言われている気がしたのだ。

 

すごく分かる。とってもわかる。脱いだらエラい、カゲキなことしたらすごい。そんな風潮はこの業界にはある。だけど、断るのは、ダサいことでも、ダメなことでもない。つまらないセックスをする人も、セックスをしない人もダサくないし、悪くない。

だけど、わたしは同時に、自ら女性性を売りにする女性、自らのエロさを売りにする女性がいてもいいとも思っている。自分がアピールできるポイントとしての女性性があっても良いように思う。そして、その女性性は、色んな価値の中での一つでしかない。

たとえば、今は、予定はないけれど、もし、仮に私が転職するとなったら、営業ができます、文章が書けます、そんな自分の能力を羅列された履歴書をもって面接にいくでしょう。その能力のひとつが「可愛いです」「男性に好かれます」「エロいです」でもいいと思っているんです。営業ができます、も、可愛いです、も商品価値になる。

 

◆自分の女性性を客観視する

AVを死ぬほど売っているので、自分がAV女優になったら、どのくらいの位置にいくか、だいたい予想ができます。自分の女性性のランクを自分で判断できる。一流に可愛い子と競合したとき、勝ち目はないでしょう。

以前、店舗でしつこく彼氏いるか聞いてきた客がいて困ったとブログに書きました。

 

mochi-mochi.hateblo.jp

 

実はこれには後日談があって、複数メーカーの集まる大きなイベントがあった際、その人がいたんですよ。私はしつこく付きまとわれた直後だったので、顏を覚えていて、目があって「あ」って思った。でも、彼は、私など気にもせず、他のメーカーの連れてきた抜群に可愛い専属女優のとこにいったんです。まあ、エロビデオ屋の中ではかわいくても、AV女優のなかにいたら埋もれる。かわいさって相対的に決まる部分もありますから。女性性で戦ったところで、勝算はないし、勝算のないところで勝負はしないほうがいい。

 

◆女性性=その人の価値ではない

「あなたのほうが可愛いよ」という言葉に違和感を持ったのは、言った相手が意図しているかわかりませんが、「あなたの方が価値がある」と言っているように感じたからというのもあります。可愛いほうが、上みたいに言われているように思った。私の思い込みかもしれないけど。

だけど、わたしの、というか、どの女の子の価値も「かわいい」だけじゃない。営業のやり方を知っていることだったり、文章をかくことができるということだったり、「かわいい」以外にも、わたしが価値を提供できるところはある。

可愛いのは彼女ですが、だけど可愛い彼女のAVを営業できるのはわたしです。イベントでたくさん人が来るのは彼女ですが、そのイベントを運営・企画するのは私の方が得意です。できる能力に優劣なんかない。わたしができること、彼女ができること、それぞれに価値がある。それを無視して、容姿という一つの能力だけで、上下を決めているようにおもった。

「女優さんが偉い」というのはこの業界にあるし、私もそう思う。彼女たちは偉い。ハードで気をつかう仕事をこなしながらも、私たちにはとてもいい人でいてくれる。この会社に入って会ったAV女優さんのなかで嫌な子は一人もいません。わたしは仕事のできる営業ではないけれど、それでも、嫌な顔せず仕事をしてくれた。画面にでている彼女たちは、いい人です。だから、せめて、彼女たちが、彼女たちが満足いくようにできる限り協力したいなと思う。

だけど、彼女たちと、わたしと、どちらが、価値があるとか、上とか、そんなことを問うのは愚問だと思う。わたしとは、別の形で価値を提供する人。私が提供できない価値を彼女たちはできるし、逆でもある。「みんなもれなく可愛いよね、ぐへへへ」って言える人が好きです。

ロサンゼルスアニメエキスポ(AX)の色々

トイズマガジンさんでもレポートを書かせてもらいましたが、わたしのブログでもアメリカ出張の感想を書こうかな。

toysmagazine.net

f:id:mo_mochi_mochi:20180725101727j:plain

◆澁谷果歩ちゃんの積極的ですごいな

澁谷果歩ちゃんとは前夜祭から5日間ずっと一緒にいたのですが、自分から動く人だなって思った。トイズマガジンのレポートでも書いたけど、果歩ちゃんの提案で露出の高い衣装に変わったのね。私は引っ込み思案な人間なので、自分で意見を持っていて、それを言えるのはすごいなって尊敬した。サイン中も英語でお客さんに話を振っていて、これ、日本語だったとしてもわたしには難しいよなって思った。果歩ちゃんが自分からグイグイ前にでていたから、触発されて、わたしも言葉通じなくても頑張ろうって思った。

 

◆仕事で海外たのしいな

8日間行っていたんですが、仕事いっぱいあったので、観光してないんですよね。最終日が15時に終わったから、終わった後に、少ししたけど、それ以外は、毎日夜帰ってバタって寝て、次の日も展示会って感じでした。そもそも観光出来ないと思ったので、有名観光地を全く知らなかったんですけど。

だけど、旅行で海外に行くよりもずっと楽しかったなって思ったの。仕事で行くから、やらなきゃいけないこともいっぱいある。言葉も分からないし、アニメエキスポは初めてだったので、イベントのやり方も詳細に知っているわけじゃない。分からないこといっぱいあるけど、飛行機代とかホテル代とか、いくらかかっているかとかも分かるから、かかった代金分働かないとってプレッシャーとかもある。だから、言葉分からないとか、初対面だとか、無視して、自分から動いて、分からないなりに必死になれたな。外国の人と密にやり取りをする必要に駆られたから、言葉が通じなくてもガツガツお客さんとコミュニケーションとった。大変だったけど、それはすごく楽しかったな。同じように海外に行ったとしても、旅行だとそこまで必死にならないなって私はおもったの。

 

アメリカの人みんな良い人だったな

アメリカに行くのはじめてだったし、本当になにが起こるかわからなくて、生きて帰れるだろうかぐらいに思っていたんだけど、実際にイベントをやると、言葉の通じない私でも、気を使ってもらって、みんな優しかった。

サイン列に並んでいるお客さん同士でルール伝え合ってくれたり、人が多くて並ばせるのを止めたときは、「今日は人が多いから終わりだよ」ってことを、並べなかったお客さんが、新しく来たお客さんに伝えてくれたり、英語がへたくそな私をお客さんがサポートしてくれた。お客さん、みんなやさしくて助かりました。おたくってやさしいな。言葉も通じないポンコツ営業を助けてくれたのが、うれしかったな。

イマジンVRのブーススタッフさんもすごく親切で、アメリカに住んでいる日本人女性だったのだけど、言葉の面を中心にすごく助けてくれた。空いている時間は「お客さんが昨日と違う衣装だねって言って覚えていてくれたよ」と褒めてくれて、雑談している時間もたのしかった。今まで、年上の女性になんとなく苦手意識があったのだけど、気さくなお姉さんで楽しく過ごせました。

 

f:id:mo_mochi_mochi:20180725101544j:plain

 

最終日のころには、もう終わる直前は寂しいなってなった。また来年もいきたいな。

会社のカメラ壊した以外は最高な1週間でした。

はあちゅうとしみけんの結婚を応援したい

AV男優のしみけんさんとブロガーのはあちゅうさんが結婚されたようですね。

www.asahi.com

 

わたしははあちゅうさんの発言や考えにすべて賛同はできない。わたしは以前のブログでも書いたけれど、はあちゅうさんの発言に関して、腑に落ちないなって思うこともあった。だけど、この件に関しては、お二人がこれからよい日々をおくれるよう応援したい。

mochi-mochi.hateblo.jp

 

◆偏見がある業界に偏見を持たない人

言われつくした話だと思うけれど、性産業で働く人への偏見はある。それは、わたしのような仕事としてセックスをするわけではない営業社員にすらある。初対面の人に「AVの話をしたくない」と言われたこともあるし、この仕事に就くときは、当時付き合っていた人に「親に紹介したのになんでそんな仕事に就くの?」と言われ、結果的に別れた。

でも、わたしはその人たちが悪い人なのではなく、そういった意見が、今の日本では、よくある意見だとも思う。AVに対して批判的な発言をした人が、他の場面でも悪意のある態度をとったかというとそんなことはない。エロが苦手だけで悪い人ではない。それに、わたし自身も、この業界に入る前は女の人の裸が載った雑誌を見て顔をしかめていた。この業界に入って、どんどん慣れていくけれど、そういった感覚を持つ人が世の中にいることは忘れてはいけないよなって思うの。

だから、はあちゅうさんはフラットな人だなと思ったの。この業界の外側にいても、この業界に対する苦手意識がない人はいる。わたしも業界外の人でも仲良くなる人はいる。だけど、結婚相手という、自分も相手の責任を負わなくてはいけない、もっとも近い相手として選ぶのはハードルがあるように思う。極論を言えば、伴侶に不祥事が起きたとき、妻や夫や、もしかしたらその家族にも批判は来る。友達として親しくするよりも、ハードルは高くなる。

 

◆AV男優と結婚するハードル

配偶者のある人が、配偶者以外の人と性的関係を結ぶことは不貞行為として定義され、離婚の請求ができる。

不貞行為とは、裁判所によって「配偶者のある者が、自由な意思に基づいて配偶者以外の異性と性的関係をもつこと」と定義されています。

best-legal.jp

 

もちろん、AV男優として、仕事としてセックスをするしみけんさんはこの規定に当てはまらないかもしれない。それでも、配偶者が別の異性と性的な関係を結んでほしくないという意見を持つ人は一定層いる。はあちゅうさんが、それを嫌だなと思ってないのか、思っていても許すことができるのか、どちらかはわかりません。だけど、後者だとしたら、相手に対して理解があるように思った。

あくまで個人の意見だけど、わたしは仕事であったとしても、自分以外とセックスする相手を恋人や夫にしたくない。でも、それは、今まであったAV男優さんやハメ撮り監督さんに悪い印象があったからではありません。わたしがお会いしたAV男優さんや監督さんは、尊敬できたり、一緒に仕事したいと思う人ばかりでした。だけど、それでも、彼らと恋愛をしたり、結婚したりするのは、気持ちの問題で出来ないなって思う。業界にいて、セックスを仕事でする人に近い立場にいて、彼らの人間的に良い部分を見てきても、恋人や結婚相手にしたいと思うのは難しい。だから、はあちゅうさんは結婚に驚いている。 

mochi-mochi.hateblo.jp

 以前ブログでも書きましたが、わたしはパートナーが風俗に行くこともよいとは思えません。同じ期間に複数の人とセックスをする人を否定はしません。本人同士が満足しているのであれば、そういう関係があってもいい。だけど、わたしは出来ないと思う。

 

◆このニュースが突破口になることを願う

恋人・結婚相手が自分以外の人とセックスするのが嫌だという人は、今後もそのままでいいと思うんです。ただね、はあちゅうさんのように、「許せるよ」という好みの人が、セックスワーカーたちをパートナーの候補としていれるのはいいことのように思う。どんなに一緒にいて楽しくても、どんなに好きな相手でも、「でもセックスワーカーだからダメ」となってしまうのは悲しい。だけど、セックスワーカーに限らず、「この人は●●だからダメ」という圧や偏見はある。一人ひとり、向き合ったらいい人だったりするのに。

この問題は、結婚や恋愛だけでなく、たとえば、セカンドキャリアの問題でもそうだと思う。以前もブログで書いたけれど、AVでたら、すべてダメになるという世の中の雰囲気をわたしは感じている。「元AV女優・男優だからダメ」という「●●だからダメ」という圧力がなくなる一翼にこの出来事がなればいいな。

mochi-mochi.hateblo.jp

 

 

V&Rプランニング、安達かおる監督とAV業界の話をしてきた。

AV男優の辻丸さんという方が、AV問題を考える会というシンポジウムを開いたと読みました。

mainichi.jp

 

そんなものがあるのか、そうか、と思っていて、辻丸さんのツィッターをフォローしていたんですが、そしたら、また、イベントを開くというツィートが流れてきました。

 AV業界にいるけれど、この問題に関して、まったく分からないですし、詳細がわかりません。ニュースで一部の記事を読んで、「わたしが知っている業界と違うな」と思うくらいです。だから、どんな物なのだろうなと思い、参加してみました。

 

◆少し興味ある人のゆるいつながり

正直、参加する前は、怖いところだったらどうしようって思ってた。なんかこう、これも勝手な私のイメージなのですが、「AV売るなんてダメだ」って怒られたらどうしようとか思っていたのですが、そんなこともなく、参加していたのも、「友達がAVが好きで、以前の辻丸さんのイベントに参加して、その後続けてきてます」というような少し業界に興味のある、ふつうの人が多くてほっとしました。

旦那さんが、家にAVおいていますっていう主婦の人とかもいて、でも、わたし個人的には持ち主本人以外見えるとこにAV置くのはいやだなって思うから、嫌じゃないですか?って話したり、ほんと、ふつうの話しました。もっと、こう、イデオロギーのある人かなと思ったけど、そんなことなくてほっとした。積極的な意見や活動はなくても、「この業界に少し興味がある」という女の人がいるのはいいことかもしれないなと思った。

 

◆最善だけど難しいこと

当日、会場にV&RプランニングのAV監督の安達かおるさんがいらしていました。安達さんは現場に、メディアを入れるという取り組みをしているようです。

withnews.jp

 

撮影現場をオープンにすることは、とてもいいことだと思います。だけど、一方で、わたしの意見としては、すごくすごく難易度の高いことだなとも思った。メーカーによるでしょうし、そうでない会社もあると思います。だけど、わたしが現場を見て思ったのは、「制作はギリギリで現場をまわしているな」ということ。時間も予算もギリギリ。実際の現場を観たら、戦場のように忙しかった。メーカーの人間であっても、わたしのような現場になれていない人間は邪魔になる。そのような中に、取材班を入れたら、仕事まわるのかな、というが私の意見です。仕事として撮影を行うことと、取材を受けること、それを両立する難しさのようなものを感じてしまいました。そのぶん、安達さんの行っていることは、ものすごく手間やコストをかけて、難しいことに挑んでいるということも分かります。

mochi-mochi.hateblo.jp

 

mochi-mochi.hateblo.jp

 

 

◆断れるスキルの重要さ

前述したシンポジウムは、私は参加しなかったのですが、AV女優の新村あかりさんという方が参加したというのはネットを見て知っていました。わたしは、そこで何を話したかは知らず、AV女優として、現場で困ったエピソードとか話したのかなと、思っていたのですが、彼女は、業界の良い部分も話していたようです。

新村さんの友達が、出演したくないのに、AVに出る方向で話が進んでしまったとき、彼女がその友人と一緒に事務所にいき、きちんと断り、出演しないことで話がまとまった、友達の所属する予定だった事務所も話を聞いてくれ、出演には至らなかった。 そんな、エピソードを辻丸さんは紹介してくれました。

出演を依頼にする側にも、無理をさせないように配慮する、改善する点はあると思います。しかし、それと同時に、依頼された側が嫌なことをきちんと断ることも大切なように感じています。ヨーロッパの性教育に関する記事で以下のような話を紹介していました。

gendai.ismedia.jp

「良く知らないおばさんが訪ねてきて、あなたに(あいさつの)キスをしたいと言っています。そんな時どうしますか?」という状況設定で、教師が小さな男児とロールプレイを試みる。そして男児はしっかりと「キスはいやだ」「でも握手ならいいよ」と自分の望まない形での肉体的接触を拒否する。

こういった教育が日本にも必要のように私は思っています。自分はどうしたいか、なにが嫌か、きちんと考えて、嫌なことは断る。考えることと意志を表明すること。もちろん、セクハラや強要をしないように配慮をすることは必要です。だけど、一方で、受け手がきちんと拒否することを身に着けることは、AV出演だけに限らず必要かなと思います。「これが嫌だよ」というが伝わることが必要のように思う。言葉で意思を表明しないと相手には伝わりにくい。

mochi-mochi.hateblo.jp

 

mochi-mochi.hateblo.jp

 

mochi-mochi.hateblo.jp

 

◆業界内外での認識の違い

 全体的には和気藹々とした雰囲気だったけど、それでも、会話の中で、自分の意図しない形で受け手が受け取ることがあり、それが、業界外の人と話す難しさなのかもしれないなとも思いました。

自分の認識が、他業界の認識ではないむずかしさ。もしかしたら、それも、業界人が、この問題から距離を置く理由かもしれない。相互理解が難しい。それでも、議論を続けていかないといけないな。

TVタレントより、アイドルより、AV女優が可愛い理由

先日、月刊DMMに掲載してもらいました。

せっかくインタビューしてもらったので、実家に持って帰ったんですよ。自分の載ったエロ本を両親に渡す娘。わたしも家族もどうかしているよね。

それで、月刊DMMを観ながら、もちこ母が「AV女優って、テレビにでているアイドルとか、タレントよりかわいいんだね」って言うんですよ。そうか、普段AV女優を見ない人からみたらそう映るのか。たしかに、夜中のテレビに出ているグラビアアイドルやアイドルグループの女の子よりも可愛い子いっぱいいるね。

 

◆圧倒的に安いギャラ

テレビにたまに出演する、アイドルやタレントよりも、AV女優さんのほうがたくさんギャラをもらっていると思います。ネットで、グラビアアイドルのギャラを調べると平均月給12万。

kyuryobank.com

 

 もちろん、有名なアイドルはたくさんもらっている子もいるでしょうが、基本的にそれだけでは食えない仕事です。その理由は、仕事の少なさ・ギャラの少なさがあると思います。再現VTRなど、知名度が必要とされないメディアの仕事のギャラは安い。

tv-kanso.com

 

そのほか、歌を歌う子は、ライブやショー、写真撮影の撮影会などもありますが、そこの収入源もお客さんが来るかどうかに依存します。こちらも固定ファンのつかないタレントが収入源にするのは難しいでしょう。ショールーム前田裕二さんは、アイドルがそれだけで収入を得られるように、ショールームをはじめたと話していました。やはり、お金になりにくいというが、駆け出しのアイドルやタレントにはあるように思っています。

mochi-mochi.hateblo.jp

 

◆お金がなければ可愛くなれない

堀江貴文さんの「仕事も人生も娯楽でいい」に以下のような記述があります。

仕事も人生も娯楽でいい (宝島社新書)

仕事も人生も娯楽でいい (宝島社新書)

 

 シンガポールへの国外からの投資は相次ぎ、都市部は現在も建設ラッシュに沸いている。風景の変化のスピードは凄まじい。数年前、3年のブランクをあけて訪れた。わずか3年でこれだけ変わるの!?と驚くほど再開発が進んでいた。(中略)いちばん目に見えて変わったのは女の子のルックス。3年前より格段に、かわいい子が増えた。ファッションもメイクも洗練されている。若い人の間で可処分所得が増えて、美容にお金をかけられる余裕が生まれたのだろう。女の子の外見は、都市の経済の成熟ぶりをはかる絶好のバロメーターだ。豊かさに比例して女の子は可愛くなる、これは間違いない。

 

経済的に豊かになれば、美容や自分にかけられる出費も多くなる。綺麗になるために金をかけられるというと整形や美容注射のような高額な治療が浮かぶかもしれませんが、太らないように食生活に気を付ける、肌をきれいにみせるためにケアをするといった作業にもお金がかかります。経済的な余裕ができることで、アルバイトなど、他の仕事をする必要がなく、時間的な余裕が、美人に繋がるということもあるでしょう。貧しい下積み時代のアイドルたちが可愛くなる余裕がないのは理解できます。

 

 ◆可愛いよりもメンタルが重要になる

ギャラが少なく、なかなか芽が出ない状況でも頑張り続けるには、見た目のよさよりも、根性論というか、メンタルの部分が重視される。圧倒的にチャンスが少ない状況だから、可愛らしい子だったとしても、モチベーションがない子はふるい落とされる。

アイドル活動をしていた女子高生が自殺した、とニュースになったけど、学業やそのほかの楽しいことを犠牲にし、スタッフから高圧的な態度をとられ、死にたくなるような状況であっても、アイドルであることを辞めたくない、アイドルになれないなら自殺を選ぶ、とても恐ろしく、残念なことだけど、そんな強い気持ちをもった人しか残りにくい。

bunshun.jp

 

◆AV女優には2種類のニーズある

そもそもなぜ、アイドルはお金にならなくて、AV女優には仕事はお金になるのか。アイドルもAV女優も、女性性を売っているという点では同じです。しかし、お金になる・ならないの差がでるのはAV女優には2種類のニーズがあるからだと思います。

 

◇ズリネタとしてのニーズ

まずひとつは、「ズリネタ」としてのニーズ。テンガさんの調査によると、男性の平均マスターベーションの回数は平均週2.94回。マスターベーションの際に観る物で一番多いのは実写のAV。約8割以上の男性がAVを観ると答えています。

tengahealthcare.com

無料動画の影響で売り上げは落ちてはいますが、それでも、AVは商品としてニーズがあるため、AVは必ず制作もされますし、出演したモデルたちには確実にギャラが支払われます。AV女優の場合は、アナルNG、レズNGといったように、出来ない行為を「NG項目」と指定することも可能です。出来ない行為があるモデルもたくさんいます。逆にいえば、NG項目を減らしていけば、なにかしら仕事はある。額に限りはありますが、自分の意思次第で稼げる仕事です。

 

◇アイドルとしてのニーズ

ズリネタとしてのニーズと同時に、AV女優には、テレビにでるアイドルやタレント同様に、観ている人がファンになり応援したくなる対象としてのニーズもあります。出演作品やSNSを通じて、彼女たち自身のキャラクターを知って、DVDの発売イベントや撮影会を訪れるユーザーも多くいます。ひとつ異なる点は、彼女たちは毎月たくさんの出演作品がリリースされるため、アイドルやテレビタレントよりも、知名度が広がりやすい。ズリネタであるアダルトビデオが、彼女たちの知名度を広げる媒体として機能しています。

AV女優は「必要なもの」と「娯楽として欲しい物」の両面を金そろえている。射精をしたい欲求がある限り、どんな男性にとっても必要なものであり、さらに、楽しみの一環として、AV女優に会いたい、見に行きたいという、娯楽的な一面もある。

 

◆「テレビ」以外の部分は競合していく

最近、AV女優のアイドル的なニーズは高まってきています。それはDVDが売れなくなり、ほかで収益を得るためという側面があります。アイドルにAV女優が近づいてきている。

現状、AVモデルたちには、テレビや雑誌など、メディアに出演するという点でのハードルがあります。しかし、メディアに出る機会の少なく撮影会やライブ活動でアイドルやタレントとして成り立っている女の子たちに、脱げる女の子たちがとって変わることもあるかもしれないなと思いました。

 

TMA、妹AVの撮影現場を見に行ってきたよ!

そういえば、この前、AVの撮影現場を見に行ってきたよ!

モデルさんみんな可愛かったな!かわいかった!桃尻かのんちゃんと握手したことも、神坂ひなのちゃんに抱きついてもらったことも忘れない!いいだろ!いいだろ!いいだろ! 

 

見にいくことになった経緯ですが、この前、他のメーカーの監督さんと会ったって話を書きましたが、その際、「現場見に行ったことある?」って聞かれたんですよ。「あ、ないな」って思って、そのあと、弊社の制作と話してたときも、VRの撮影方法知らなくて、撮影のこと全然知らないなって、気が付いたんです。AVを売る際、撮影方法を詳細に聞かれることなんてそんなにないけれど、知っておきたいと思い行ってきました!

mochi-mochi.hateblo.jp

 

◆作り込みという作業がある

まず、驚いたのが、撮影用に部屋を作り込んでいるんですね。今回のスタジオは家具も家電も置いてある、普通の部屋のようなスタジオで、なにもしなくても人が住んでいる部屋のように見えるのですが、小物や家具を追加して、生活感がでるようにするんですよ。「中学生になって、部屋をもらって嬉しくて、和室を無理やり可愛くしようとした女の子の部屋」とか「エロマンガやアイドルが好きなモテない童貞の浪人生」とか、持ち主を想定して作るみたいですね。

女の子の部屋の作り込みを手伝いました。わたしは想像力がないので、ぬいぐるみ置けばそれっぽくなるんじゃないとか思ってしまうのですが、制作の人は、「和室の壁に赤いチェックの布貼ってかわいくする」とか、「畳だとかわいくないのでテーブルの下にピンクの丸いカーペット敷く」とか、そこに住んでいる人が考えそうな、こだわりを具現化するんですね。クリエティビティって「映像を撮ること」以外でも必要なんだなって思いました。

 

◆同時進行で色んなことをしている

スタジオの中にはいろんな部屋があるんですが、各部屋で色んなことしている。この部屋では、スチール(写真)撮影して、この部屋ではDVD用の動画を撮って、この部屋ではメイクして、みたいな。現場に行く前に、香盤表という、この時間に、この部屋でなにしているというリストを渡されました。時間割表みたいですね。

撮影の様子を見ていると、昔みた「メイクルーム」を思い出した。映画の中でも、その部屋以外で色んな仕事がしている様子を映していました。

メイクルーム

メイクルーム

 

 

◆撮影は案外あっさりしていた

わたしはセックスシーンは時間の関係で見れなかったのですが、オナニーシーンは見学しました。ただ自由にオナニーしていいよ、じゃなくて、プロデューサーは、撮影前に詳細な流れを伝えるんですよね。作品の設定を踏まえて「女の子がはじめてエロマンガを読んでムラムラして」「はじめてだから指は入れなくていい」とか、プロデューサーの求める形をちゃんと伝えて撮影していた。それで、何回イッて、最後はこういった形でオナニーしてみたいなところまで、伝えているんですね。作品の表に出ない設定まで決まっていた。すごいな。

それで、撮影が始まると、言われた通り再現する、すごく忠実にプロデューサーの言った子を具現化しててね、AV女優さんのまわりだけ、ドラマの中のような不思議な感じだった。それで、始まってしまえばすぐに終わる。案外あっさりしていたというか、なんかこう、AVの撮影をみて、女の人の裸を目の前でみたら、人生観が変わると思ったけど、そうでもなかった。不思議な感じ。

 

◆トイレ行けなくて膀胱炎になった

あとさ、スタッフさんは、自分で考えて動かないといけないんだよね。プロデューサーは女優さんに指示をだして、撮影の確認をしているから、スタッフのことまで見てられない。自分で邪魔にならないように動かないといけないの、大変だな。わたし、すごい邪魔になっていたと思う。臨機応変な対応難しい。大学生のとき、就活でテレビ局を受けていたけど、まかり間違って就職しなくてよかったと思った。

今回、見学したときは、トイレの場所を聞けず、見つかったけど、使っていいかも聞けず、膀胱炎になった。自分で考えて行動出来ない人はだめだね。いてえ。

 

一通りみて、制作さんはすごいなと思った。あんなバタバタした戦争のような短時間の間に、必要な素材すべて揃えるのすごいな。撮り忘れたとかないのかな?今までいろんな無理難題を伝えていてごめんなさいって思った。

あ!今回の撮影で撮ったチェキは、秋葉原の店舗でつくと思うからみんな楽しみにしてきてね!