オナホ売りOLの平日

大人のおもちゃメーカーで働くOLのブログ。

面倒くさいメンヘラになる前にやっておきたい4つのこと

たまに飲みにいく経営者の知人がいます。40代独身の彼は、30代前半、妙齢の彼女と別れました。別れた理由は「仕事の愚痴が多くて、後ろ向きであわなかった」。(もちろん、わたしに言えない他の理由もあると思いますが)

仕事ができる人って、マイナス思考な人と距離を置きたがりますよね。堀江貴文さんも「多動力」で似たようなことを書いています。

メンヘラっぽい人間とも徹底的に距離を取るようにしている。メンヘラは後々、絶対に面倒くさいことを引き起こす。精神的におかしくなっているためロジカルにいくら説明してもまったく通用しない。永遠に埒が明かない。こういった人間は「僕の時間」を奪う存在だ。

多動力 (NewsPicks Book)

多動力 (NewsPicks Book)

 

 
わかる。わかりすぎるよ、ホリエモン。わたし以外の人間がメンヘラなのすごいめんどくさい。なぜ、あなたの愚痴を聞かないといけないの?帰っていいですか?ってなる。わかる。

でもね、人間っていうのは自分勝手なもので、人がメンヘラなのはイライラするのに、自分のメンがヘラっちゃう瞬間はあるんですよね。


わたしもメンがヘラりそうになります。みんなごめん。ただね、メンヘラになりそうな瞬間、メンヘラになるのを抑える方法ってあると思うのです。わたしがメンヘラ予防に最近やっていることを紹介したいと思う。

 

◆メンヘラになる瞬間◆

わたしの話ですが、メンがヘラる瞬間は以下のようなときがあるかなって思います。

・やりたくないことやっているとき
・自分の労力に見合う結果がでないとき
・周囲に認められないとき
・不幸なトラブルがあったとき

どれかひとつのときもあるし、複数が重なってのときもある。単独にせよ、複数にせよ、辛い感がたまってメンがヘラるのですよね。

 

◆解決策をあげよう◆

メンヘラ爆発するまえに、不安感はうまく解消したほうが健全です。たとえば以下のような対策があると思います。


1.サボる

自分が思ったように結果がでないときや、周囲に認められないときって、「がんばっているのに報われない状態」なわけですよ。それは、頑張りが足りない場合もあるけど、頑張っている方向が間違っている場合もあって、まず、いまやっていることに割く労力や時間を減らそう。もちろん、いきなりゼロにしたら、「手を抜いた」ってばれるから、ばれないようにコッソリ手を抜こう。

 

仕事がつらいなら、数字に直結しない部分で適度にやればいいし、家事がつらいなら、料理をやめて、冷凍食品でも食べればいい。それでも辛いなら、それをしなくていい環境に行こう。仕事だってやめればいい。最大限がんばるのがベストだけど、メンヘラになってめんどくさくなるよりは、少し手を抜きをしたほうがマシだと思う。あなたが思うほど、あなたが頑張ることを求めていません。自分が楽になることを少し考えてみましょう。

 

2.辛い原因を突き詰める

自分がなぜ辛いのかを考えてみる。そのときに、頭で考えるだけじゃなくて、辛い原因を箇条書きでも書きだすといい。自分の気持ちが見える化できます。そのなかでも、きっと、我慢できる物と、我慢できない物があると思います。嫌なことの順位をつけて、どこを解決するのが最優先すべきかを決めましょう。

我慢できない一番辛いことがわかったら、自分がなってほしい状況を決める。それで、そのためには、なにが必要かを洗い出す。今の状況を変えないといけないかもしれない。そのときは、「現状を捨てること」と、「辛い原因に耐えること」、どちらが嫌かを天秤にかけます。たぶんね、現状をかえたくないって思う人がほとんどだと思うけど、我慢できないくて、メンがヘラるなら、現状をかえることのほうが必要だと思う。変わる瞬間はストレスになるけど、きっとだんだん楽になる。自分の今までの考えに縛られないで、楽になるために変わっていこう。

 

3.自分の要望を周りに伝えよう

「ちゃんと欲しがる女だけ欲しがられる女になる」
これはコピーライターの尾形真理子さんが商業施設の広告用に書いたキャッチコピーです。女の子に共感されるキャッチコピーが得意な尾形さん。このキャッチコピーも好かれる女子を短い言葉で表現していると思います。

きちんと要望を伝えられる人は、好く人も多いし、メンヘラにもなりにくい。自分がなぜ辛いのかが分かったら、自分がなにをしたいか、したくないかが分かる。それが分かったら、感情的になるまえに、自分の要望を表明しましょう。自分の主張は言わないのに、「つらいつらい」と愚痴や不満を言うのはウザい。

 

4.プライドを捨て素直になろう

これは私の偏見ですが、プライドが高い人はメンヘラ率高めです。プライドが高い人は、自分のやり方をやり方を崩せないから、成長も改善もできない。結果、仕事ができないように見られる。認められなくて、愚痴が増え、メンがヘラるというダメサイクル。

プライドを捨てて、素直になると本当にらくちんです。わたしをほめてくれと素直にいいましょう。やさしくしてくれと素直にいいましょう。わたしこんなに頑張ったからほめてほしいなっていいましょう。まじでらくちんです。もしかしたら、少しウザイかもしれませんが、メンヘラよりはうざくないのでよいはずです。そして、周囲の人はきっと、あなたにやさしい言葉をかけてくれるはずです。そして、ほめてもらったら素直に喜びましょう。わかりやすい人は周囲も接しやすい。

 

 

楽しそうにしていたり、嬉しそうにしていたりする人は、話していても元気になる。素直になるとメンがヘラらないよ。


メンをヘラらないと生きていくのがらくだよ。楽しく生きていこう。だけど、やつれているけど、内面のやる気をもっているみたいなメンヘラは私は好きです。おわり。