オナホ売りOLの平日

大人のおもちゃメーカーで働くOLのブログ。

映画の感想

愚行権とセックス

女性やマイノリティーの人たちにとって、性の解放ってすすんでいるように思う。多様な性の好みが受け入れられるようになるのは素晴らしい。そして、それは男性に置き換えたときも受け入れられるような世界が良いように思う。

AV監督バクシーシ山下は人心掌握の天才だ

先日、アイドルキャンノンボールを見てきたよ。7人の監督の中でもバクシーシ山下監督は印象に残った。いやな奴だけどすごく好きだな。

映画ワンダーウーマンは悪役が素敵だったよ。

映画ワンダーウーマンの悪役「Dr.マル」が素敵だったのでブログに書きました。美人でなくても、かわいくなくても、なにかに一生懸命の女性は素敵です。

摩天楼はバラ色じゃない。

仕事ができるようになれば、恋愛もうまくいく。そんな「摩天楼はバラ色に」みたいな状況って、女の子には当てはまらない。汚れながら、泥臭く頑張る女の子は避けられることが多い。キモくても、図太くても、何かに夢中になっている女性を受け入れてくれる人…